運動を行なってダイエットする要因にメタボリックシンドロームの対策がきっかけで始めた方も多いのでは無いでしょうか?そんな時に、食べる食事や間食の種類でリスクをより減らす事ができます。最近の論文では、ナッツを摂取することは特にメタボリックシンドロームで発生が高い、心疾患系のリスクを減らすことができます。今回はその事例を論文で紹介します。

ナッツは循環器疾患のリスクを著しく減少させる

ナッツ以外にも他に同じ油成分を含む食材があります。ですが、現在ナッツが一番循環器疾患のリスクを減らすには大変効果がある食材として知られています。その理由に関して詳細な根拠がある論文を紹介します。

ナッツはカロリーが非常に食材として知られています。不飽和脂肪酸が豊富だけではなくて、植物性タンパク質、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれているため、人間の血管系維持の為に有効的な成分がギュッと詰まっているためです。この一粒に含まれているバランスの良い栄養分によって、悪玉コレステロールや血管の内皮のアテロームの発生、心血管系疾患のリスクを上げるバイオマーカーを適正数値にすることが可能です。

実際の研究ではミックスナッツを一日一回摂取することによって、血管炎症の発生を抑制することが判明し、悪玉コレステロール値を低くします。加えて、ナッツの消費によって血管疾患に関わる炎症因子に対して強い抵抗性があることもわかりました。

臨床試験で用いられたナッツはくるみで、くるみを食事の前後で食べた場合血管の状態に好転反応が出たことが判明しました。このメカニズムは、血管の幅を塞ぐアテロームを発生する病的因子のエンドセリン1の発生を減少することによって、L-アルギニンや、α-リノレン酸の酸化を抑制します。

この研究結果から、一日一回のナッツの摂取によって、血管の酸化を有意義に防ぐことが出来ることで、循環器疾患の病的因子を減らすことが可能です。

https://academic.oup.com/ajcn/article/89/5/1649S/4596956

間食としてナッツを摂るにはどういった方法ならメリットが高いのか?

ナッツを食べるとしても、素焼きナッツは高いどうしても腹持ちが持たないと悩む人もいます。そのため、間食でナッツが入っているナッツバーといった栄養食品でも、健康効果があるのか悩む人も少なくありません。ナッツが入った補助的な食品でも効果があるのか検証した論文があります。

94人のメタボリック体型の人を二群にわけて、片方の群にフルーツの補助食品かナッツの補助食品を摂ってもらい、もう片方の群には普通の食事をしてもらう実験を行いました。

その結果、340 kcalのフルーツもしくはナッツバーを食べた人は、腹囲や体重増加せず、コレステロール値も上がりませんでした。

つまり、フルーツやナッツはカロリーあるものの、人間の体の健康維持に有意な効果があるという事が立証されたのがこの論文になります。間食にナッツバーぐらいならむしろ健康効果があるので、ヘルシーな間食として活躍します。

ナッツが含まれている健康を意識したナッツバーは多く販売されているので、選ぶ幅が広がりダイエットしやすくなりますね。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1365-277X.2011.01201.x

地中海式の食事による血管リスクの低下

ナッツを手軽に食べるには食事でも摂取する方法があります。その方法で着目されているのが地中海沿岸地域に住む人々の食事です。実際にナッツやオリーブオイルが豊富な食事を摂取したことによる血管系疾患のリスクを減らすことが出来るという論文を紹介します。

地中海沿岸に住む人々は、血管系の疾患の罹患率が非常に低いことから、食べる食習慣によって、その病気発生を抑制している考えた研究チームが調査した事例です。現在、アメリカを中心に発生が多いとされている血管疾患の原因は、肉類に入っている中性脂肪が主な原因となっています。

この実験に関わったのは、血管の疾患リスクが高いとされている516人の被験者です。

まずは、心血管系リスクが高い被験者の2つのグループにわけて、オリーブオイルとナッツが中心の食事と中性脂肪の量を減らした低脂肪食を食べてもらい、3ヶ月時点での血管系に関わるリスクの影響を調べ、比較した。

その結果、循環器疾患のリスクを減らす有意差が発生し、一年経ってもその差は変わらなかった。ナッツやオリーブオイルに含まれている良質の油によって血管疾患のリスクは大きく減らすことができます。

https://www.physiology.org/doi/full/10.1152/japplphysiol.91351.2008

まとめ

ナッツ類は、高カロリーであるものの良質の油とミネラル、食物繊維がギュッと詰まっているので、血管系疾患の病気の改善に有意に働きます。特に、くるみに関しては、摂取することによって、血管の径を狭くするアテロームを発生する病的因子のエンドセリン1という物質の働きを阻害します。

また、ナッツは中々手に入りにくい場合でも、ナッツバーでカロリー340Kcalの場合の補助食品を食べても、体重や腹囲の増加を抑制することができます。これは、含まれているビタミンや栄養素が人間の満腹中枢を刺激して満足感を得やすいからだという事実が関係しています。

間食で摂取しにくい場合で食事メニューを選ぶなら、地中海沿岸地方の料理がおすすめです。実際に食べた事による心血管系のリスクを比較した結果、病気リスクの改善が見られました。

メタボリックシンドロームが気になるとダイエットを始めた方にとって、ナッツを生活習慣に取り入れることで、血管内の環境を改善します。より元気な体を作るためナッツは大きな助けになります。

ライター:辻文音

コメント一覧

コメントはありません

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。