睡眠不足によってアスリートのパフォーマンスが低下するという結果は各種論文によって公表されています。現在その睡眠不足によって具体的に何が低下するのか、その低下を抑制するためには何が必要なのか?という研究も最近は多く発表されつつあります。楽しく運動を取り入れ、最高のパフォーマンスを維持するためには、サプリメントや仮眠を取り入れることで改善されるという研究結果が出ています。今回は、そんな仮眠やサプリメントで睡眠不足の改善法を取り入れるメリットを紹介します。

アスリートの体の回復を最適化するための睡眠衛生

まず紹介するのは、アスリートが睡眠不足になった時実際にどのような悪影響が体に出るかという論文です。アスリートの場合は、健常人よりも睡眠不足によって運動のパフォーマンスや精神的な面で悪影響が出るとされています。具体的に、反応時間、正確性、最大筋力、持久力と言った運動における疲労の蓄積や実際の運動に関わる動作全般に対して鈍くなるという結果が出ています。この研究で注目すべきは、肉体的な疲労だけではなくて、肉体を動かす際に必要な決断力に作用する部位、前頭連合野の働きを鈍らせるという研究結果が出ています。具体的に、テニスのサーブの精度や、水泳のターン、キックストロークの質、フリースローの成功率と言った競技内容の質にまで影響を及ぼします。そのため、運動で最高のパフォーマンスを出すために、サプリメントの摂取によって睡眠の質を上げる方法や、睡眠時間を長くするという方法を取ることで、運動能力の質の低下を抑えることが可能なのです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31288293

 

運動能力に対する睡眠不足の影響、および運動に対する生理的および認知的反応

次に紹介する論文は、睡眠不足によって何故スポーツのパフォーマンスが低下してしまうのか、その原因に関する研究論文です。最近の研究は実際にパフォーマンスが睡眠の時間によってどうして、低下してしまうのか、時間や実際の競技の精度による有意差統計がメインでした。

睡眠不足によって、アスリートの競技者のスポーツの質が低下してしまう要因に、睡眠不足による自律神経のバランスの乱れが大きな要素としてあげられています。人間の体のメリハリがなくなることで、本来動かす筋肉の動きが鈍くなる、決断力の低下によって、スポーツのパフォーマンスの質が低下する考えです。この自律神経の乱れによる影響の大きさは、スポーツで言うオーバートレーニング症候群と同じ負担を体にかけているという、結果になります。更に、運動をしたことで睡眠による回復が不十分な場合は、免疫機能の障害が発生しやすくなり、炎症性サイトカイン多く増え、本来の体の機能に戻りにくいということも示唆しています。

運動の負荷に見合った睡眠を取る努力をすることは、スポーツの質を良くするだけではなく、自律神経や免疫系までにも大きな影響力を持つのです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25315456

事前の睡眠不足下での昼食後の短い昼寝による注意力とパフォーマンスの維持

最後に睡眠不足によって起こるパフォーマンスの低下を抑制するためには、仮眠が効果的という論文を紹介します。

この研究は健康な12人の学生を集めて、4時間という短時間の睡眠状態にしました。睡眠を取らないで運動のパフォーマンスをした場合と、15分の仮眠を取った場合のパフォーマンスの質を比較したのがこの研究です。それぞれの実験には、1週間の行った後通常の生活に戻り、また実験という条件で行いました。

一日3回の眠気に関するスコア測定や、心電図、タスクパフォーマンスを測定し、仮眠前と仮眠後の質を比較しました。その結果、認知に関わるタスクパフォーマンスは、仮眠を取った後、質が良く、運動の筋肉の動きに関するタスクパフォーマンスに関して有意差は見られなかったという結果でした。しかし、スポーツで重要なのは、自分の体を瞬発的及び反射的に動かすタイミングがポイントとなっているので、運動の質を良くするために仮眠を取ることは非常に優位な結果を産む要素となります。

長時間の睡眠が取れないケースでも、こまめな仮眠を取ることで、運動の質を落とすことなく維持できる結果になります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29776619

まとめ

睡眠不足によって起こるパフォーマンスの低下は筋力や持久力と言った体の筋肉だけでの影響だけではなく、体の認知にも大きな影響を持つことがわかりました。つまり、体が動きたいタイミングで本来の動きが睡眠不足によってできなくなる可能性があります。そのダメージの影響は体の自律神経の乱れによるもので、症状が悪化するとオーバートレーニングレベルの負担を強いることになります。また、体の免疫系にも大きな影響をもたらすので、しっかりとした休眠がとても大切です。こうした、睡眠不足によるパフォーマンスの質の低下を避ける方法に睡眠の質を良くするサプリメントの摂取や15分の仮眠を取り入れることで改善することが可能です。こまめな仮眠やサプリメントを取り入れて、コンディションを整えることも、楽しく運動をする上で大切なのです。

コメント一覧

コメントはありません

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。