トレーニング計画 中長距離
カテゴリー トレーニング計画
※カテゴリーについて
種目 中長距離
性別 男性

こんにちは。私は大学競技をやっていて貧血や怪我などであまり良い練習ができていませんでした。食事療法を行ったため体脂肪もかなり増えました。そのなかでもジョグやペーランなどはやっていました。自分の感覚としてはスピードを、出す感覚などとても鈍ってしまいました。200だと25だったのが29だったり1000も2分50秒あたりが今の状況だったりします。
今はスピード感覚を、養いつつ身体づくりも、行っていきたいとおもっています!
練習計画としてはどのようなものがいいのでしょうか。
今月の流れは週1回ほど少し強度の高い練習、4分程度のペーラン、LSDやロングジョグ、その他はジョグをしていました。

コメント一覧

全1件のコメント

  1. dfk
    2020年7月17日 08:26 Daifuku

    復帰してからのトレーニングについて、過去の怪我から復帰した後の練習を振り返ると、ある程度のレベルまではインターバルトレーニングなど、分量が少なくて強度の高い練習を何回か入れるだけで戻る感覚はありました。

    ある程度のレベルまでは強度の高い練習でコスパ良く戻すことができます。もし、お体に問題がないのであれば、なるべく強度の高い練習は入れていった方がいいと思います。

    僕の場合だと、1000mを3本とか、400mを5本とか。
    最初は量をこなす必要はありません。ある程度頭打ちになるまではこうしたスピード重視の練習で十分刺激が入ります。

    ある程度走力が戻ってきた段階になれば、ロングジョグやペース走、ロングインターバルなど、バランス良く鍛えていく必要のある段階になるなるかなと思いますので、目標に合わせて柔軟に計画を立ててみて下さい。

    今回は復帰後にコスパ良く体力を戻す、という観点からお答えさせて頂きましたが、その後のトレーニングの段階でまた困った時はご相談下さい!

    今は大会も少なく、長期的な視点でトレーニング計画を組むことができると思いますので、焦らず着実に復帰までの計画を立てていって下さい!

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。