レペティション 長距離

カテゴリー レペティション
※カテゴリーについて
種目 長距離
競技者レベル レベル29
※競技者レベルについて
性別 男性
所要時間 30分 0秒

1600×4 (4’40-35) レスト5分

次のレーシングシューズを決めるため、1本ずつシューズを変えていった。

レストは少し長めで5分。暑さで体力の消耗が激しいため、これでも十分に練習になった。

ペースは10000mのレースペースに設定。力まず高めの出力を維持する感覚で行った。

————————————
1本目 ソーティマジック
4’39

最初は慣らしの意味も含めて安定のレーシングシューズ。
2ヶ月前に1500mTTを行った時、このシューズで8割くらいの力で4分切れたのでこの距離に関しては全くもって申し分ない。

一周70秒を切るくらいのペースで無難に終了。思ったより発汗量が多かった。
————————————

2本目 HANZO S
4’39
今週購入したばかりのシューズ。履き心地は抜群だったので凄く楽しみだった。設置は固め。感覚としてはターサーに近かった。スピードはソーティの方が出しやすいが、もう少し遅いペース(3’00-3’10)だとこちらを履きたいなと思った。

暑さを感じながらも、1本目と同じくらいの出力を維持。後半くらいから、少し脱力感があった。

————————————

3本目 ズームマトゥンボ

4’37

シューズが足と一体になっている感覚。他のシューズに比べると、少し重心が低くなるが、スピードは出る。底が薄くて柔らかいので、長い距離になってくると、ふくらはぎへのダメージは気になるかもしれない。

2本目同様、後半からは体に力が入りにくかったが、4本目を走れるくらいの余力は残せた。

————————————

4本目 ドラゴンフライ

4’32

こちらも今週手に入れたばかりのシューズ
底が厚めで硬い(曲がらない)が、前に倒れる感覚というのはヴェイパーシリーズに似た感じだと言えるかもしれない。

マトゥンボよりは長い距離に対応できそうだが、足へのダメージがどうなのかは今日の練習では分からない。もう少し長い距離でも試してみたいところ。

序盤からかなり脱力感があったが、最終セットということもあり、若干出力を上げてタイム自体も少し上がる形となった。
1000m通過は2分51秒くらいで、最後も無理に上げずに全セット終了。

————————————

7月末の県選手権以降はバランス調整のためにスピード練習を入れず、低強度〜中強度を中心に行なってきた。

最近は猛暑が続いたこともあり、相当体が消耗していた。ペース走はかなり質が落ちてしまっていたのでこれといって良い練習はできていなかった。今日のようなインターバル練習だと、休憩時間で体を冷やしながら行えるので、暑い中でも比較的良い練習ができる。

来週、再来週と、3000m,5000mのレースがあるが、時期も時期なので、消耗しない範囲で臨みたい。

コメント一覧

コメントはありません

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。