その他 マラソン

カテゴリー その他
※カテゴリーについて
種目 マラソン
競技者レベル レベル5
※競技者レベルについて
性別 男性
所要時間 0秒

ピッチ走法とストライド走法について

ランニングの走法はピッチ走法とストライド走法がありますが、それぞれ長所、短所があります。

ピッチ走法は一歩の距離を短くする代わりに足の回転を早くする走り方です。
長所は足への負担を軽くできるため、長い距離に強く、強風などの悪天候にも強いという点です。
短所はスピードが出てくる場面になるとそれだけ足の回転も速くしなければいけないので呼吸がきつくなってくる点です。

ストライド走法は一歩の距離を長くする代わりに足の回転を抑える走り方です。
長所はスピードが出てくる場面になってもそこまで足の回転を速くする必要がないため、伸び伸びと走れる点です。
短所は足への負担が大きく、最後までそれを維持する筋力が必要になってくるのと、強風などの悪天候では不利になってくるという点です。

初心者の方はピッチ走法の方が多くいらっしゃいますが、速く走るにはストライドを伸ばしたほうが良いといった見解が多くみられます。
しかし、ピッチ走法やストライド走法は生まれ持った体格によって決まるものだと思っていて、無理にどちらかにしなければいけないというものではないと思います。
実際にトップアスリートの方を見てみると、ピッチ走法だけどスピードがある人もいれば、ストライド走法だけど長い距離も走れる人もいるので、どちらが良いというのは一概には言えません。

さらに、もしどちらが有利だということが証明されたとしても、自分の体格に合わない走りを無理に身につけようとするのは今まで思ってもいなかったような部位に負担をかけることになり、怪我のリスクを高めます。

ここで伝えたいのは、体自体が変わっていないのに、意識で無理にフォームを変えようとするのはいけない、ということです。
体幹の強化などの努力でストライドを伸ばす努力をしたりすること自体は重要なのですが、あくまで自分の体格の延長線上で考えるということが大切なのではないかなと思います。

また、走っている途中にピッチを意識してみたり、ストライドを意識してみたりしていつもとは少し違う筋肉を使って体をリフレッシュするのもとても効果的です。

初心者の方はどの走り方が自分に合っているのか、感覚が掴めない方が多くいらっしゃるかもしれませんが、まずはこういったピッチ走法、ストライド走法の特徴を知って、それらを意識しながら実際に走ってみて、どのフォームが一番リラックスして走れるのかを探るところから始めるのが良いのではないでしょうか。

コメント一覧

コメントはありません

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。