その他 長距離
カテゴリー その他
※カテゴリーについて
種目 長距離
性別 未選択

今回「ストライド」について書かせてもらいます。

早速ですがみなさん
よく先生方から「歩幅」や「ストライド」を広げろ!と言われたことが少なからずあるのではないでしょうか?

走っていくうえでストライドを広げることによって1歩の進む距離=タイム に直結するからです。

ですがそのストライドの指導の1つとして腰を動かせ!など骨盤を使え!などの指摘はされたことはあるでしょうか?

今回はそのストライドを伸ばす際に大切な骨盤の動かし方の注意点を私なりにまとめましたので参考にしてみて下さい。

まず、初めに骨盤を動かせ!ストライドを広げろ!と言われて、足を気持ち前に大きく出したり腰を極端に大きく動かしたりとした方も少なくないのではないでしょうか?

大きく動かすことは大切だと思いますが

それはオーバーストライドや腰の動かし方の間違いによりむしろマイナスになります。

なぜ、マイナスになるのか?
初めに、無理やりストライドを前に出すとどうなるか

・ストライドが前でつくってしまう
・前でさばくとブレーキがかかってしまう
・姿勢が後傾に過剰になってしまう

など要因が上げられます。

ストライドを前で作ろうとしてしまうと前に出した足を引いてしまい結果としてブレーキがかかるしストライドもそんなに伸びず無駄な動作になってしまいます。

なのでストライドは前に足を出すと言うよりは後ろで作るイメージがいいと思います。

後ろでストライドを作るためにここで大切にしたいのが ”重心の移動”

になってきます。

先程の後ろでストライドを作るためには

接地時間を長くして作るという考えではなく必ず重心移動が大切になってくるからです。

その重心移動をするために先生方から言われる腰を動かせ!といった骨盤を使う動きが必要になってきます。

腰を動かすための骨盤の動きには2種類あります。

骨盤を上下に動かす縦の動き
骨盤を横に動かす横の動き があり

これら2つの動きを上手に組み合わせ、
骨盤を滑らかに回すような動きが上手な重心移動のコツとなってきます。

ここで間違えがちな例として
骨盤だけを動かそうとするパターンです

骨盤だけを動かそうとするとなかなか足や腕振りが連動してくれず無駄な動きに繋がりやすくなります。さらに骨盤だけを動かそうとしてもなかなか動いてくれないことが多いです。

その場合は足や腕振りと連動するイメージを持って身体の中心から動かすイメージを持つといいかもしれません。

また、骨盤だけを動かすと周りの足が力んでしまったりするので骨盤周りの筋肉を脱力することが重要になってきます。

ここから腰を動かしストライドを出すためには腕振りや足の連動そして適度な脱力が不可欠といえます。

なぜなら、身体に力が入りっぱなしだと動きが制限されてしまいリズムもくずれてしまいがちになります

次に腰を横に動かしすぎると足が内側に入ってしまうパターンです

腰を横に過剰に動かそうとするとせっかくのストライドが狭まってしまいます。

その場合意識することは足は真っ直ぐ腰と足を連動させ振り出すことが大切になってきます。腰が内側にないか足運びが真っ直ぐ振り出してるか?もう一度確認してみて下さい。

次に腰を縦に動かす際に身体を左右に揺さぶって重心移動をしているパターンです。

この場合左右に身体を揺さぶることにより多少は重心移動はできてるかもしれませんが
肩が左右に振られることにより力が左右に分散してしまいます。

身体の中心から真下に垂直に反発をどうしたらもらえるかを考え、肩は揺さぶらずに

肩甲骨、腰、足

この3つが連動するイメージを持って走ると良くなると思います。

長くなってしまいましたがストライドを広げるためには

・ストライドは前で作るのではなく後ろで

・重心移動は身体の中心を意識して

・腰だけを動かそうとするのではなく
腕振り、腰の動き、足運びの連動性
そして、リラックスして脱力する

ことが自分は重要だと考えます。

今回はストライドをテーマに書かせて頂きましたが。
身体の重心移動ができてるか?足運びがどうか?連動しているか?など
自分の感覚と動画を実際に撮ってもらいそれと自分の理想の動きが同じに近づくようにすることが大切だと思います。

今回自分の話したことが絶対なのであくまで動きを変えるのは自分自身で考え変えていくことが1番大切だと思います。
自分が理想の動きにするための知識の1つとして参考にしていただければ幸いです。

長々と失礼しました。
失礼します。

コメント一覧

コメントはありません

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。