その他 マラソン
カテゴリー その他
※カテゴリーについて
種目 マラソン
競技者レベル レベル25
※競技者レベルについて
性別 未選択
所要時間 0秒

今回はフォーム作りをしていく中で気をつけるポイントについて私が気をつけてることを軸に書いて行きたいと思います。

前回はフォームを作ってく上でどちらかというと深い部分について書かせていただきましたが。
今回はフォームを作る上でのイメージの持ち方など全体をみた内容を書いていこうと思います。

早速ですが皆さん、フォームを意識する上で1番どこを意識したらフォームがよくなると思いますか?

腕振り、足運び、腰の動き、部分的に見ていけばたくさん改善していく所があると思います。

課題は人によってそれぞれですが
共通してフォームを変えていく上で必要なものとして「リズム」を私は1番大切にしています

1つの音に対して足運び、腕振り、腰の動きを全ての歯車をマッチさせることが走る上でも何をする上でもとても大切なことだといえますし全体の動きがしっかりハマってる人ほど良い走りをしてると思います。

なぜ、リズムなのか?と思う人もいるかもしれません。
説明をすると例えばフォームを作る上で下で腕を振る振り方から、上でかかえてふる腕振りに変えるとします。
上でふることによりコンパクトになり軽い力で走れるように見えますが

下から上に腕の位置を上げることによって同じ感覚で腕をふってしまうと上で抱えてしまった方が明らかにリズムが腕だけはやくなってしまいます

これでは、せっかく軽く腕が振れても接地時間が長くなり地面からの反発を上手にもらえなくなってしまいスピードが上手くでなくなってしまいます。

そのためフォームを変えていく上でまず、自分で理解して置かなければならないのが自分にあったリズム感覚です。

自分にあったリズムを理解している上で新しく動きを試し1つずつ歯車を合わせていく
この作業がフォームを変えていく上でまず1番最初にすることだと私は考えます。

もう1つフォームを変えていく上で気をつけなければならないことは

「段階」を踏むことです

先程まず、全体のリズムをつくり歯車を1つずつ合わせていくと書きましたが

フォームを変えるのはそれなりの時間がかかります。

なぜなら、だいたいフォームを自動化するまでに約1ヶ月~2ヶ月という時間を要すると言われているからです。

その自動化するまでに大切な過程としてまず、自分が考える理想の動きを考え自分にあったリズムに合わせて動きを考えていきます

始めはなんとなくでフォームを作ると思うのでいわゆるモノマネの動き
形だけを作った動きに初めはなると思います。

ですが、これは見た目はできているが体のリズムがあってなかったり、自分にあった動きにはなっていません

そのために次の段階にいくためにドリルなどを行い 「意識」したら理想の動かし方ができる状態にします
例えば、リズム感をやしないたいなら、リズムジャンプなどのドリルを取り入れて意識をする練習、ゆっくりのジョグ中に全身でリズムをとるイメージで走るなど自分の理想の動きを常に意識しながらやることを反復して行います。

するとあるとき何も意識しなくてもその動きができるようになります。

大まかな説明ではありますが
この過程こそフォーム作りにおいて1番大切な過程だと私は考えます。

まとめると

理想のフォームをとりあえずやってみる
(形だけの殻の状態)
↓↓↓

自分のものにするためにゆっくりのジョグやドリルでその動きを常に意識し考えながら反復して行う

↓↓↓

いつの間にかその動きが自然と行えるようになる(動きの自動化)

といった流れになります。

あくまでフォーム作りはジョグや距離走、ドリルといったところをベースに作り、そこから徐々に段階を踏んでスピードをあげた動きに適応させたり、長く持たせるように意識したりすることが大切だと思います。

長くなってしまいましたがフォームを試行錯誤することはとても大切で、しっかり段階を踏んで、全体から小さい所を直してくことがとても大切だと思います。色んな人に動画など撮ってもらったのを研究するといいと思います。

長文失礼します。

コメント一覧

コメントはありません

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。