インターバル 長距離
カテゴリー インターバル
※カテゴリーについて
種目 長距離
競技者レベル レベル15
※競技者レベルについて
性別 男性
所要時間 40分 0秒

週末なのでトラックでスピード練
1000mインターバル
様々なアドバイスも受け自分の中でルールを決めながら実施

①あくまで本番を見据えてなので、実際のレースでやらない強引なケイデンスアップやキックでの帳尻合わせは無し
②同じ理由で前半だけ上げてあとは惰性で流すのは無し(今日だと最初の400を85以内で入るのは無し)
③フォームを意識できる範囲以上にとばさない、ショートスプリント系の練習と混合しない
④クオリティが維持できなくなったらそこで終了、1.2.3の要素で頑張れそうでもしない

結果
3″44ー44ー49ー45ー45ー45ー45ー47
r1″30ー30ー40ー43ー44ー34ー54

8本実施で最後のレスト以外は全て設定以内。タイムとしては後1.2本維持は出来たかも知れませんが
休んだわりに無理な力みとケイデンスアップが最後の600m入り始めていたので、比較的余力のある状態のうちにストップ

10kmのレースを見据えると、ミニマム8本、あわよくば10本というラインを目標にしていたので、個人的には満足のいく練習でした
後は本番までにこのスピード感をレスト抜きで維持できるようにトレーニングを積んでいきます

コメント一覧

全4件のコメント

  1. dfk
    2019年3月2日 21:09 Daifuku

    事前にルールを決めて練習に望まれていらっしゃいましたが、これはすごく有能なことだなと思います。何も決めずにできるかどうか分からないメニューをこなそうとすると途中できつくなってきた場合にどこでやめようか、迷いながらだらだらと走ることになってしまいます。

    クオリティを維持できなくなった場合どうするのかをしっかり決めておき、その日の最低限の目標をクリアすることで練習の達成感が得られ、次につながります。

    その日の練習計画の立て方のお手本ではないかと思います。お疲れ様でした。

  2. 2019年3月5日 22:56 sho

    ありがとうございます

    やはり達成感は次へと繋がるということを感じました。

    自分のなかで1か0かではなく、何かしら繋がっていく練習を今後も積んでいきたいです

  3. 2019年4月30日 16:10

    […] 1000×8 […]

  4. 2019年5月19日 19:02

    […] 1000×8 […]

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。