ペース走 中長距離
カテゴリー ペース走
※カテゴリーについて
種目 中長距離
競技者レベル レベル20
※競技者レベルについて
性別 男性
所要時間 60分 0秒
説明文

練習に失敗した時の切り替えの例です。
今回は10000を3’40から4000.4000.2000で5秒ずつ上げていくつもりでしたが、走っていて最初の3’40から呼吸が苦しくなりました。

ただ、こういうことも想定の上でこうなった場合はそのペースのリズムが無理して出すようなリズムならばキリの良いところで終えて
その後同系統の練習で終わらせました。
(今回はスタミナ練習なので、6000まで3’40で行って、補正の練習は30分ジョグをキロ4‘15程度)

集団でやるならば粘れる事もありますが1人でやると崩れた時の対応がより必要になると今までの経験から、こういった工夫をしています。
今まで出来ていたタイムやペースを無理やり求めるより、今の自分の現状からその日の練習で求めるものをハッキリさせて一つ一消化していくようにしています。

ベスト時に比べれば全くと言っていいほど良くはないですが、まずは目の前の現状に向き合いたいと思います。

コメント一覧

全1件のコメント

  1. dfk
    2019年3月6日 08:23 Daifuku

    設定したペースで最後までこなせそうになかったらどうしようかを決めるのは大切ですが、多少調子が悪くても最後までこなせるようなペースを設定することもまた大切なのではないかなと思います。
    また、どうしても追い込みたいと言うのであれば、後半に余裕があるだけペースを上げていくような設定をしてみると良いかもしれません。

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。