AppleWatch

購入に至るまで

私が初めてAppleWatchやGarminを購入したのは2017年ですが、それまではずっとCASIOやSEIKOなどのメーカーでラップタイムを取ることができる時計を使っていました。その頃になると、周囲でガーミンなど高機能な時計を使っている人が増えてきたため、練習のデータを取ることができるデバイスに注目し始めました。

ネットで調べてみると、走行距離や心拍数などのデータを取ってくれる高機能なスポーツウォッチがいくつもあり、その中で最初に注目したのはApppleWatchでした。AppleWatchのスポーツウォッチとして使えるのかどうか調べてみると、実際に使っていらっしゃる方がかなり多く、レビューをしているWebサイトなどを見てもかなり人気なようだったので、特に迷うことなく購入しました。

ジョギングで使ってみて

AppleWatchが届いてから、まずはジョギングで利用してみました。重さが少し心配でしたが実際に着用して走ってみると特に気になりませんでしたし、ダブルタップでラップタイムを取ったりする操作感も割と馴染みやすかったです。

ただ、何秒か操作していないと画面がスリープ状態になってしまうのですが、スリープ状態でタップなどの操作をしても反応してくれないため、ラップタイムを取ろうとする度にAppleWatchを傾けて画面が表示されてから操作をしなければならず、少し面倒でした。

また、Series2はGPSが搭載されており、Appleの標準のアプリではAppleWatch単体でも利用することができたのですが、他のランニングアプリをAppleWatchで使う際にはAppleWatch単独では利用することができず、実際にはiPhoneも一緒に持っていかなければいけないケースが多かったです。

若干は不満はありましたが、Apple標準のアプリは優秀で、ジョギングする目的での使用は満足できました。

そして、走り終わった後、「アクティビティ」というアプリでデータをみることができるのですが、走行距離や心拍数など、走っている間の身体データが見える形となっているのはすごく感動的でした。

日常生活で使ってみて

AppleWatchを購入してからは日常生活でもAppleWatchを身につけるようになりました。iPhoneにメッセージなどの着信があった場合にはAppleWatchが振動するため、iPhoneを手に持っていなくても通知が来たことが分かります。

AppleWatchでメッセージ返信することができますが、端的なフレーズならいくつか用意されているものの中からしか選べず、それ以外は音声入力になってしまうので、外ではなかなか使う場面はないと思います。

また、装着している間、身体データを測定しており、呼吸の乱れを検知して教えてくれたり、ある程度長い時間座ったりしているとリフレッシュするように知らせてくれたりと、健康をサポートする機能はすごく気に入りました。

ポイント練習で使ってみて

AppleWatchがレースでも利用できるのか、練習でテストを行いました。

練習の内容は2000×1 (5分50秒くらいだったと思います。)

まず、スタートの時に、致命的な問題が…

スタートを押してから3.2.1の準備のカウントがあり、そのカウントが終わってからタイマーがスタートします。レースのスタートの時のピストルに合わせてタイマーをスタートさせることはできません。

今回は練習だったので、時計のスタートに合わせて練習を始めれば良いので、スタートについては良しとします。

そして、最初の1周目のラップを取るとき…

画面を傾けてスリープ状態を解除し、ダブルタップでラップタイムを取るという一連の動作、

1キロ3分を切るペースで画面を傾けながら正確に指の操作をするのは無理でした。

結局ラップタイムを取るのが何秒も遅れ、毎週こんな思いをしてラップタイムを取るの、とても大変でした笑

AppleWatchの位置付け

スポーツウォッチとしては、ジョギングなど、楽しまれるのを目的にされている方にとっては便利だと思います。一方で、1秒を争う競技者にとっては、スピード練習やレースで利用することは難しいのではないかなと思います。

スマートウォッチとして普段着用する分に関しては、特に不自由なく使えました。

Garmin

AppleWatchを購入してから1ヶ月も経っていませんでしたが、練習で使うのに限界に感じ、Garminを購入しました。

私が購入したのは「ForAthletes935」です。走行距離や心拍数に加え、最大酸素摂取量や有酸素・無酸素トレーニング効果なども求めてくれるモデルです。値段は本来は5万円を超えていたのですが、型落ちモデルということで5万円弱で購入することができました。

練習で使ってみて

ジョギングやポイント練習で使ってみましたが、これまで使っていたスポーツウォッチと同じ感覚で利用することができました。スピード練習でも全く問題なくラップタイムを取ったりすることができましたし、走行距離や心拍数、現在のペースなど、走行中に様々なデータを把握することができることにも驚きました。電池の持ちに関しても、AppleWatchはほぼ毎日充電しなければいけないのに対して、Garminは1週間に一回くらいで大丈夫なので、その面でもすごく助かっています。

また、AppleWatchの時は計測したデータを見る時はiPhoneのアプリ上でしか見ることができませんでしたが、Garminでは履歴というモードから計測データを見ることができるため、スマートフォンにデータを移す前でもデータを見ることができます。

そして、「GarminConnect」というアプリを利用することで、Garminのデータをスマートフォン上で閲覧することができ、そのデータはずっと残るため、時計の保存容量という制約からも解放されます。さらに、一ヶ月の走行距離など、GarminConnect上では時計では見ることができない積算データも見ることができます。

日常生活で使ってみて

スポーツウォッチとしてのみ注目されがちなGarminですが、日常生活でも便利な機能が搭載されていて、携帯に通知などが届いたら振動で教えてくれたりする機能もあります。画面に収まる範囲でメッセージを見ることもできるので普段用の時計としても十分便利だなと思えます。

Garminのモデル

Garminのモデルはたくさんあるため、初めて購入される方はどれを購入しようか迷われる方が多いのではないかなと思います。安いモデルだと2万円弱で購入でき、その価格帯でもGPSで距離を測れるモデルもあるのでコストパフォーマンスは良いです。また、3万弱のモデルになると心拍数を測定できる機能が搭載され、4万,5万のモデルになるとさらに高度なデータを測定することができ、あらゆるスポーツに対応したモードが搭載されてきます。

どのモデルを買うのかは必要とされている機能や予算次第ですが、少なくともスポーツをされている方は私が購入した「ForAthlete」系のモデルは操作性も普通のスポーツウォッチと似ているので、特に不自由なく使用できると思います。

Garminはあくまでスポーツ特化した時計なので、日常生活では少し物足りなさを感じる方はいらっしゃるとは思います。どの程度のレベルでスポーツを行うか、日常生活でも利用したいか、などによってどちらを選ぶべきか変わってきます。

結論

今回はスポーツ用の時計という観点からAppleWatchとGarminを比較しましたが、スポーツを本格的にされている方はGarmin、スポーツを本格的にされている訳ではなく、日常生活でも高機能な時計を使いたいという方はAppleWatchを選ぶといいのではないかなと思います。

コメント一覧

コメントはありません

コメントする

コメントを投稿するにはアカウントを作成し、ログインしている必要があります。